Less is beauty

CART IS EMPTY

カートに商品が入っておりません

内容をご確認いただき、CHECK OUTへお進みください

SUBTOTAL ¥ 0 + tax

いつも静かにそこにいる、なくてはならないもの /陶磁器作家 megumi tsukazaki

横浜にアトリエを構え、「水のような 空気のような 静かな陶」というコンセプトで、うつわや陶小物を制作している、塚崎愛(めぐみ)さん。代表作のジュエリーベースに、SENNウォーターオイルバランサーを飾ると、インテリアとしても愉しんでいただけるのではという発想で、今回NEWoMan横浜へのリミテッドストア出展に際し、セットでの販売をさせていただくこととなりました。コンセプトを紐解くと、塚崎さんが陶に寄せる想いが見えてきました。
陶磁器作家 megumi tsukazaki02
陶磁器作家 megumi tsukazaki01
陶磁器作家 megumi tsukazaki03
陶磁器作家 megumi tsukazaki04
陶磁器作家 megumi tsukazaki05
陶磁器作家 megumi tsukazaki06
陶磁器作家 megumi tsukazaki02
陶磁器作家 megumi tsukazaki01
陶磁器作家 megumi tsukazaki03
陶磁器作家 megumi tsukazaki04
陶磁器作家 megumi tsukazaki05
陶磁器作家 megumi tsukazaki06

好評によりすぐに完売となった陶磁器作家 塚崎愛さんのジュエリーベース、 月時雨(Size:S)を限定で再販売中です。

月が出ているときに降る雨のことを月時雨といい、夜の水たまりに映える街灯の白い光と静かな雰囲気とリンクすることから月時雨と名付けられたジュエリーベース。乳白色の釉薬が置くものを綺麗に映し出します。

月時雨にSENNを置く。その佇まいを愛でながら自身のお肌と向き合う時間、愛おしい余白のひと時をお愉しみください。

アイテムサイズ:直径8cm / 高さ2cm

※ウォーターオイルバランサーとのセット販売のみとなります。単品での販売はしておりません。
※限定での販売のため、なくなり次第終了となります。
※陶磁器のため、一点一点ひびの具合など表情が異なります。

※カタログが不要な方はチェックを入れてください

※オイル層と美容液層をお選びください

※選択された組み合わせは只今在庫切れです

 

 

ブランドを始めようと準備する中で、最初にできたのがジュエリーベースでした。

土とガラスを自分で調合していて偶然仕上がったその陶をを見て、
「水のような 空気のような」という言葉がでてきました。

 

洗面器に溜まった、少し白濁したような水。そういう身近な水が好きです。

土をいじっていてちょっと温度を変えたら出てきた色合いが、この前見た水に似ているなとか、私のインスピレーションになっています。

 

空気は、なくてはならないものだけれど、主張せず、静かにそこにいるもの。

作品を手にとった人が、ひっそり気持ちを重ねられるような余白を意識しています。

 

普段の生活の中でも、余白は大切。

 

焦りは作品にもでてしまうので、無理はしない。

毎日、絶対できる小さな目標を立てて、小さな達成感を得られるようにするんです。これもできるかなっていうのはいれない。できなかったら自信なくなっちゃうから。そうすると、気持ちの余裕もできるし、自信にもつながります。

 

毎日同じことを繰り返すのも、ある意味で余白をつくってくれます。

たとえば、わたしは毎朝アトリエに来ると、まずお茶を淹れます。お茶はいろんな種類を用意しているから、飲みたいお茶で今日の自分に気づく。ルイボスティーを淹れる日は疲れているのかもとか、スパイシーなチャイが飲みたいときは活を入れたいんだなとか。

自分が自然と選んでいるものには、自分の本当の気持ちが表れてしまうものです。

 

そういうものを集めていくと、共通点が見えてくる。

それは、水のように空気のように、いつも静かに存在しているけれど、なくてはならないもの。

自分と向き合うということは、好きなものを見つけていくことと同じだと思っています。
やりたいことが分からないという人も、好きなものを集めていけば、いつか心からやりたいことが分かってくるはずです。

 

私は、大学の空間造形学科を出たあと、一度会社に就職しました。勤めていたころ、休日に行くセレクトショップでジュエリーや雑貨に触れる時間が、日々の疲れや忙しさを忘れさせてくれました。数年会社員をしたあと、やっぱり自分の好きなものづくりを仕事にしようと、陶芸学校に通ってブランドをつくったんです。

 

あのとき私を救ってくれた、心浮き立つようなあの瞬間。

日々を忙しく生きる方々にとって、そんな瞬間に戻ってもらえるような陶でありたいと願っています。

 

 

<Profile>

塚崎 愛 Megumi Tsukazaki

「水のような 空気のような 静かな陶」をコンセプトに陶磁器作家 塚崎愛がデザイン・制作する。瑞々しい硝子釉と素朴な白い土を用い、代表作のジュエリーベースを始め、花器・小箱・器など、陶小物を制作。

1986年 横浜生まれ
2014年 横浜いずみ陶芸学院卒業卒業後、ギャラリーにて個展・グループ展で発表。
2015年「megumi tsukazaki」設立
現在、横浜にて作陶

HP: www.megumitsukazaki.com/

Instagram:@megumitsukazaki