Less is beauty

CART IS EMPTY

カートに商品が入っておりません

内容をご確認いただき、CHECK OUTへお進みください

SUBTOTAL ¥ 0 + tax

不便の贅沢さ/ 行方ひさこ

アリシア・ベイ=ローレル『地球の上に生きる』
テーマ「空」 
入道雲が湧き上がり、星が一層煌く、夏の空から、少しずつ夕方がうろこ雲になり、満月が綺麗な秋の空へ。空のうつろいは、季節を映す大きな鏡です。また、空(くう)は「般若心経」の「色即是空」という言葉にもあるように、禅の教えの中でも大切な言葉です。万物は、それを捉えるかけらの集合体でしかなく、本当はなにもない。だからこそ、なにもないように見える空に、何かを見出す心もまた、人間らしいのかもしれません。
不便の贅沢さ/行方久子01
不便の贅沢さ/行方久子02
不便の贅沢さ/行方久子03
不便の贅沢さ/行方久子04
不便の贅沢さ/行方久子01
不便の贅沢さ/行方久子02
不便の贅沢さ/行方久子03
不便の贅沢さ/行方久子04

私たちの日常生活が泡沫なものだったと感じざるを得ない年になった。

世界中が未知のウィルスにより恐怖と不安の渦に巻き込まれ、未来に大きな希望をもてる人は少なかっただろう。

とはいえ、ウィルスによってだけ破壊的な変化が起きたのではなく、ほとんどのことはスピードアップして早めにたどり着いただけだと感じている。もちろん人との間に透明のアクリルボー ドの壁ができるとは思っていなかったけれど、遅かれ早かれ迎えることになった世界とそこま で変わらないのではないかと。

 

「便利」であることが「最高に心地が良いこと」のように言われるこの世の中にいつも疑問があ った。

「テクノロジーと便利至上主義」の私たちが思い出すべき「不便」の贅沢さを、もっと感じたい、 そして味わいたい。

 

「便利至上主義」に甘えてしまった私たちがここに立っていられるのは、やっぱり先人たちの試行錯誤のおかげ。使わない部分は退化して顎がなく、ひょろっとした足の未来の人間像のイラストを見たことがあるだろう。

気がついたら感覚まで退化しまっているなんてことがないように、 実践できないとしても普遍的で本質的な知恵に触れていたい。

 

「自分で種をまいて育てるひとに愛を込めてこの本をささげます。」

 

<Profile>

行方ひさこ / ブランディングディレクター

アパレルでのディレクターやデザイン、経営の経験を活かし、工芸や地方創生・食など幅広い分野で活動中。ニュートラルなマインドで、ブランドの本質を明確にしターゲットに届けるコミュニケーションの仕組みをつくっている。

Instagram:@hisakonamekata