Less is beauty

CART IS EMPTY

カートに商品が入っておりません

内容をご確認いただき、ご注文手続きへお進みください

SUBTOTAL ¥ 0 + tax

自分の肌を慈しむ

セルフタッピング
新生活での環境や、慣れない外出先では、いつの間にか顔や頭まわりが凝ってしまうことも。どこでも簡単に顔まわりと気持ちをほぐす方法を、ヨガ・瞑想インストラクターのAOさんに伺いました。
SELF TAPPING RELAXATION / by AO01
SELF TAPPING RELAXATION / by AO02
SELF TAPPING RELAXATION / by AO03
SELF TAPPING RELAXATION / by AO04
SELF TAPPING RELAXATION / by AO05
SELF TAPPING RELAXATION / by AO01
SELF TAPPING RELAXATION / by AO02
SELF TAPPING RELAXATION / by AO03
SELF TAPPING RELAXATION / by AO04
SELF TAPPING RELAXATION / by AO05

ヨガや瞑想よりも、気軽にどこでもできるセルフケアの方法に、

「セルフタッピング」というリラックス方法があります。

 

タッピングとは指の腹でトントンと軽く小刻みに肌を叩く、セルフケアの一つです。

タッピングの優しい刺激は皮膚全体に波紋となって広がり、筋肉疲労や心の緊張をほどいてくれます。

 

仕事の合間や慣れない外出先などで、自分を労る気持ちで行ってみてください。

 

<やり方>

1. ウォータインマルチバームを指先に取り、爪の生え際など指先によく馴染ませる

2. 鼻先に指を添え、目を閉じて一呼吸吸い込み香りを楽しむ

3. 人差し指、中指、薬指の三本指で優しく目の下の頬骨のあたりをタッピング

4. そのまま、こめかみの方へタッピングしながら移動

5. さらに、眉毛の上へ移動して額を左右にタッピング

6. 最後は呼吸を整えて余韻を味わいましょう

 

 

<ポイント>

穏やかに呼吸しながら、優しい振動が波紋となって身体全体に染み渡っていくイメージをしながら行ってみてください。頭全体や肩、鎖骨のあたりを行っても気持ちが良いです。