Less is beauty

CART IS EMPTY

カートに商品が入っておりません

内容をご確認いただき、ご注文手続きへお進みください

SUBTOTAL ¥ 0 + tax

INCENSE 淡 awai

ゆらぎに身をゆだねる

白と黒のあいだで、ふっと深呼吸。
曖昧に溶け合う素直な自分に戻る
やわらかな日々のあわい。

淡 awai

Color 薄茶
Top ユズ、 ベルガモット
Middle タイム、ラベンダー
Base パチュリ、シダーウッドヴァージニア、イランイラン

日本らしいユズと、西洋で愛されてきたベルガモットのやわらかな光。すきっとしたタイムの風と、穏やかなラベンダーの風。
異なるもの同士が混ざり合いながら、湖のようなゆらぎを生み出します。穏やかに開放される自分だけの時間に。


コラボレーション

日本の伝統的な香道作法と西洋の香文化を融合させた現代聞香を創始し、香り文化を発信する「かほりとともに、」主宰の調香師 沙里。
日本と西洋の伝統技術を融合させ、独自の感性でお香の新たな世界を模索する「東京香堂」。そしてSENNの三者のコラボレーションによって、淡(awai)のお香を作りました。
またオリジナルの香立て(兵庫・丹波を拠点として活動する作陶家の安藤由香 作)をセットにした商品もご用意。


安藤由香

夕暮れ時の幾重にも色が重なって見える空色のように、水色にも橙色にも見える陶器の香たては、陶芸家「安藤 由香」とのコラボレーション。
カリフォルニア州立大学ロングビーチ校経済学部卒業後、ロサンゼルスで社会人生活2年を経て陶芸を志し帰国。京都府立陶工高等技術専門学校卒業し、市野正彦氏に師事。
2012年にデンマークへ渡り、2013年に地元・兵庫にて作家活動を開始。現在は兵庫県丹波篠山市へ工房を移し活動。
コラボレーションした香立て製作に際しての想いや考え、製作過程の映像やプロダクト写真をご用意しましたので、ぜひこちらよりご覧ください。
>空の色、自分の色。 安藤由香


※香立ては一点一点手作りのため、風合いや色合いが異なります。

かほりとともに、沙里

うつろう心を包み込む
「時間」を包み、 刻々と変化していくお香。 香りのエッセンスには、 植物 が育んできた時や摂色、 風や水さえもが、 折り重なって凝縮しています。だからこそ、 季節や空間、 その時の気分によっても感じ方が変わってくる かもしれません。 この香りが、 深いところの自分に気づき、 気持ちのうつ ろいを前向きにとらえられる、 日々の手助けになればと願っています。(かほりとともに、沙里)


東京香堂

自分とつながる静かな時間
古くからお香は、 見えない世界とつながり、 祈りの世界とともにありました。 私たちは製作する過程でも植物たちの声に耳を澄ませ、 みずみずしさや静けさを意識して、 ほんの1 %の配合バランスを調整していきます。 香を焚くひと時が、 場を清め、 心に深く染み入り、 自分とつながる静かな時 間となれば幸いです。(東京香堂)